ニュース

七五三

期間:販売中
場所:5F/呉服


七五三は、古来に行われていた3歳「髪置きの儀」、5歳「袴着(はかまぎ)の儀」、7歳「帯解(おびとき)の儀」に由来するもので、現在も3歳・5歳・7歳にお祝いをします。


七五三詣をする正式な日にちは11月15日とされています。
この11月15日に制定された理由は諸説あり、主な説は以下の5つです。
・第5代将軍・徳川綱吉が天和元年11月15日に長男徳松の健康を祈ったことが始まり
・旧暦の11月15日は「二十八宿の鬼宿日」と言われ、鬼が宿にいて出歩かない吉日とされていた
・旧暦の11月は作物の収穫を終えた時期で満月に当たる15日には収穫祭を行い、その際にこどもの健やかな成長と子孫繁栄を一緒に祈願した
・七五三をすべて足すと7+5+3=15になる
・11月15日をすべて足すと1+1+1+5=8で、末広がりの吉日 いずれにしても11月15日は特別な意味を持つ日取りで、縁起の良い吉日にこどもの無病長寿を祈った親の深い愛情が込められています。





女の子の衣装は、7歳からは大人と同じような帯を締めますが、3歳では帯を結ばなくていいそうです。そこで正式な帯を結ぶかわりに被布を着せたそうです。兵児帯や付け紐を結んで、それを隠すために上からベストのような「被布」を着せます。




七五三の被布や袴、着物、小物などお取扱いいたしております♪
下駄や、髪飾り、帯の組み合わせで印象が変わるのも、和装の魅力です(^O^)



ぜひ呉服売場に実物を見にいらしてくださいね♪

その他のニュース

  • ALL
  • イベント
  • フード&レストラン
  • ビューティー
  • レディース
  • メンズ&アウトドア
  • ベビー&キッズ
  • リビング
  • その他