ギフトコラム

ギフトコラム12月号「年末年始の挨拶を」

ギフトコラム12月号
年末年始の挨拶を

忙しさが押し寄せる年末年始。慌ただしい時だからこそ、気持ちを落ち着かせて節目の挨拶をしたいですね。お世話になったあの方へ。これから一年変わらぬお付き合いを願って。今回は年末年始の挨拶ギフトをご提案いたします。

一年の御礼をギフトとともに

年の暮れ、お仕事先やプライベートでお世話になった方にご挨拶をする機会が増えてくる時期。今年一年の感謝を伝えるのはもちろんのこと、ほんのお気持ちのギフトをご用意したいものですね。お歳暮と同じ時期なので、お歳暮代わりに。そして過度な贈答は控えてカジュアルに捉えてみましょう。そうすれば贈られた方も負担に思う事はないはず。
手土産選びのポイントですが、師走の慌ただしい時期です。すぐに傷んでしまう生菓子や、冷蔵庫をふさぐほどの大きな物、切り分けが大変な物は避けるのがよいでしょう。そして相手の好みや人数に応じて。あとは、一年の節目の“感謝の想い”と“今後も変わらないお付き合いを”という願いを添えることをお忘れなく。

ホームパーティのごちそうに

年末年始は自宅でご馳走を食べる機会が多くなります。そのホームパーティに合った贈物を選んでみてはどうでしょう。と言っても今回の提案はお肉やケーキなど主役級ギフトではありません。趣向を変え、食卓のサブにフォーカスを当ててみました。例えば、ちょっとリッチなご当地調味料。これだとこれからの時期、お鍋などに大活躍します。おすすめは高級缶詰。保存食に留まらずグルメ缶として人気の缶詰は、大みそか、三が日のおつまみに喜ばれるはず。食べ物以外でもワインに合わせてグラスを、みんなで食べるパンにはブレッドナイフやバターナイフを添えて、新しいランチョンマットで新年を迎えてもらったり・・・と食卓ギフトの幅はまだまだ広がります。年末年始のホームパーティにちょっと気が利いたアイテムを贈ってみましょう。

新春のお年賀

年の初めのご挨拶に添える手土産「お年賀」。もともとは各家庭の年神様へお供えを贈りあう慣わしがあり、それがお年賀の起源だと言われています。お年賀は直接手渡しをするのが基本で、元旦を避けた三が日の間に贈ります。それが難しい場合は松の内までに済ませるのが一般的。ちなみに松の内とはお正月の松飾りのある期間を指し、地域によって様々なので注意が必要です。
アンケート調査によるとお年賀を贈ったことがある方は約40%と少ない結果に。お年賀のマナーについては約70%の方は知らないと回答しています。年の初め、節目となる大切なギフトです。基本的なマナーを押さえ、ぜひ贈ってみて下さい。
ギフト選びでのご相談やご不明な点はお気軽にお尋ね下さい。さくら野百貨店スタッフが喜んでお手伝いいたします。

インターネットシステムを利用したアンケート調査「ここワン」より 回答者数:全国 687人  実施期間:201710/20~10/26

そんな「年末年始の挨拶を」を考える方にご提案する、さくら野オススメアイテム!

各ショップから「年末年始の挨拶を」をテーマに選んだアイテムのご紹介

BACK NUMBER

ギフトコラムの過去の記事をご覧いただけます

  • ギフトコラム12月号 年末年始の挨拶を

    ギフトコラム12月号
    年末年始の挨拶を

    忙しさが押し寄せる年末年始。慌ただしい時だからこそ、気持ちを落ち着かせて節目の挨拶をしたいですね。お世話になったあの方へ。これから一年変わらぬお付き合いを願って。今回は年末年始の挨拶ギフトをご提案いたします。

  • ギフトコラム2017年11月号 クリスマスカウントダウンしよう

    ギフトコラム2017年11月号
    クリスマスカウントダウンしよう

    秋から冬へと季節は進み、クリスマスまでもう少し。日本では12月24日・25日がクリスマスのメインとされがちですが、今年は海外のように準備期間を楽しんでみてはどうでしょうか。今回はクリスマスまでのカウントダウンの楽しみ方をご紹介します。

  • ギフトコラム2017年10月号 旬の「りんご」でご挨拶

    ギフトコラム2017年10月号
    旬の「りんご」でご挨拶

    青森の秋の定番りんごギフト。ご挨拶を兼ねながら贈れば、地元のアピールにもつながりますね。栄養価なども知れば、もっともっと他県へ、お世話になった方へ贈りたくなりますよ。

  • ギフトコラム2017年9月号 家族に贈る秋ギフト

    ギフトコラム2017年9月号
    家族に贈る秋ギフト

    敬老の日や孫の日、七五三にいい夫婦の日と、秋は家族に関連した歳時や記念日が続きます。そこで今回は家族のコミュニケーションUPを目指したギフトをご提案いたします。

  • ギフトコラム 2017年8月号 みちのくギフトを見直そう

    ギフトコラム 2017年8月号
    みちのくギフトを見直そう

    いよいよ夏祭りシーズン到来!東北一円が盛り上がるこの機会に、地元東北の良いものを再発見してみませんか。お土産や贈り物にもおすすめのみちのくギフトをご紹介いたします。

  • ギフトコラム 2017年7月号 夏のティータイム

    ギフトコラム 2017年7月号
    夏のティータイム

    初夏から徐々に夏へ向かっていくこの季節は喉が渇き、水分摂取が欠かせません。 そこで提案するのは「夏のティータイム」。ちょっと役立つお茶の雑学も合わせてご紹介いたします。

  • ギフトコラム 2017年6月号 快眠を贈ろう

    ギフトコラム 2017年6月号
    快眠を贈ろう

    梅雨から徐々に夏へ向かっていく6月。高い湿度だと寝苦しくなり、不眠につながってしまうおそれがあります。本格的な暑さが来る前の夏の準備ギフトとして、選ぶポイントを押さえておきましょう。

  • ギフトコラム 2017年5月号 結婚のお祝い

    ギフトコラム 2017年5月号
    結婚のお祝い

    春先から5.6月にかけては結婚式にぴったりなシーズン。特に梅雨を避けた新緑の季節は人気が高まります。そこで今回は「結婚祝い」に注目。二人の人生の出発を祝う贈り物です。大切なポイントを押さえて品物を選んでみましょう。

  • ギフトコラム 2017年4月号 お返しギフト

    ギフトコラム 2017年4月号
    お返しギフト

    卒業、入学、就職と3月4月は新たなステージへと飛び立つ季節です。門出のお祝いを贈ったり貰ったりすることも多いのではないでしょうか。そこで気になるのは「返礼」。4月はそのお返しのギフトについて考えてみます。