ニュース

【宮内庁御用達 深川製磁】上質な磁器の逸品

3階食器売場



新しい有田様式 「深川スタイル」を世界に発信

明治33年(1900年)開催の巴里万国博覧会において、
最高名誉の金賞を受賞した有田の窯元「深川製磁」
古伊万里を進化させた斬新な「深川様式」と
独自の技術による器を作り続けています。
 


BLUE WINERY
ぶどうの意匠は、古今東西を問わず吉祥文様です。
「用の美」を追求した現代的な形姿に、
100年前の下絵技法「エアログラフ」によるブルーのグラデーションが
真白な磁器肌に染め込まれ、現代のブルー&ホワイトとして再現されています。
磁器の間に調子を取る様に伸びる「つる」を手描きで入れているのも、
一つ一つの表情の違いが器に温かで気韻ある印象を与える為です。
熟練した職人の手技による現代のブルー&ホワイトには、
明治期以来頑なに変わる事なく伝承してきた工芸品としての魅力が備わっています。

 



白百合
古来、美の象徴として世界で愛されている「白百合」をテーマに、
「純潔、無垢」、その花言葉の様に清楚な中に華やかさをデザイン致しました。
上質な陶石を1350度の高温度で焼成する事により生まれる透けるような真白な生地に、
敢えて白百合の存在感のある白を重ね合わせた清楚な姿は、まさに奥ゆかしい日本の美感です。
幸せの大輪を咲かせた優雅な白百合の花弁は、
伝統的な技法によって特別に調合したニュアンスの異なる幾つもの白い上絵の具で表現され、
モダンなニュアンスをもつ柔らかな白のハーモニーを創りあげています。
愛らしいフリルのかたちにのせて
優しい風に揺らぐ清楚な白百合の姿はまるでレリーフ。
使う度に幸せにつつまれるコレクションです。
 
詳しくは3階食器売場スタッフまでお尋ねください。

その他のニュース

  • ALL
  • イベント
  • フード&レストラン
  • ビューティー
  • レディース
  • メンズ&アウトドア
  • ベビー&キッズ
  • リビング
  • その他