ギフトコラム2018年2月号「春をよぶ「梅重」ギフト」

ギフトコラム2018年2月号
春をよぶ「梅重」ギフト

2月から春にかけて、贈り物をする機会が多くあります。そこで今回は春の色の1つで、幸せを呼ぶ色とされる「ピンク色」に注目。このピンク色を春のギフトに取り入れる事を提案していきます。

日本の伝統色「梅重(うめがさね)」

春の訪れを告げる花として古くから親しまれている梅。その梅にちなんだ「梅重」という日本の伝統色があるのをご存知ですか?重なり合う紅い梅の花のような色を指し、現代でいうピンク色。平安時代の(かさね)の色目に由来しているとも言われています。
他にも薄紅梅、梅鼠、梅紫など、梅を用いた色の名前はたくさんあり、名前をきいただけで色がなんとなく想像できそうではありませんか?さらに春になるにつれ、桃や桜など、ピンク色の花はたくさん咲き出します。日本人は自然の一瞬一瞬の移り変わりに魅了され、繊細な違いを感じ取り、名前をつけたようですね。「梅重」を始め、ピンク色を春のギフトに取り入れてみましょう。

ピンク色は幸せの色

ピンク色は「幸せ」や「愛情」「優しい」といったポジティブな印象を受ける色であり、見る人を和ませ、幸せな気持ちにさせる心理効果があります。さらにその穏やかな色目から、緊張を和らげたり、攻撃的な気持ちを抑えたりすることもできるそう。
また、ピンク色は「女性ホルモンの分泌を促す」と実証されています。コスメやファッションに取り入れることで、若々しくなる効果も期待できそうですね。しかし、濃いピンクを使いすぎると幼い印象にもなってしまいかねないので注意が必要。一括りにピンク色といっても、コーラルピンクやスモーキーピンク、ベビーピンクなど、種類はたくさんあります。肌や髪の色、他の好みの色とのバランスを見ながら選んでください。

使い方次第でお洒落に、爽やかに

男性の場合、ピンク色のアイテムに関して「自分で買うのはちょっと…」と思っても、ギフトで頂いたのであればトライしやすいもの。小物使いや、差し色としてなど、ポイント使いすることで控えめながら華やかな印象になります。挑戦しやすいアイテムは、ビジネスシーンでも活躍できるネクタイやハンカチ、靴下など。
アンケート調査によると、男性がピンク色を身に着けることをどう思うかという問いに対して、半数以上の女性は「おしゃれ」また、3割以上の女性が「若々しい」と回答しています。ピンク色に挑戦するにはなんとも心強い結果ですね。
ピンク色といえばさくら野百貨店のテーマカラーでもあります。春を呼ぶピンク色アイテムを多数ご用意しておりますので、ぜひ春のギフト選びにお立ちよりください。

※インターネットシステムを利用したアンケート調査「ここワン」より 
回答者数:全国 807人  実施期間:2017/12/18~12/24

 

そんな「春をよぶ「梅重」ギフト」を考える方にご提案する、さくら野オススメアイテム!

各ショップから「春をよぶ「梅重」ギフト」をテーマに選んだアイテムのご紹介

BACK NUMBER

ギフトコラムの過去の記事をご覧いただけます

  • ギフトコラム2018年2月号 春をよぶ「梅重」ギフト

    ギフトコラム2018年2月号
    春をよぶ「梅重」ギフト

    2月から春にかけて、贈り物をする機会が多くあります。そこで今回は春の色の1つで、幸せを呼ぶ色とされる「ピンク色」に注目。このピンク色を春のギフトに取り入れる事を提案していきます。

  • ギフトコラム2018年1月号 心も身体もきれいはじめ

    ギフトコラム2018年1月号
    心も身体もきれいはじめ

    新たな目標を立てるのにぴったりな1月。皆様はどのような抱負をお持ちになりますか?今回のコラムでは、自分を見つめなおして今年の計画を立てることをご提案いたします。

  • ギフトコラム12月号 年末年始の挨拶を

    ギフトコラム12月号
    年末年始の挨拶を

    忙しさが押し寄せる年末年始。慌ただしい時だからこそ、気持ちを落ち着かせて節目の挨拶をしたいですね。お世話になったあの方へ。これから一年変わらぬお付き合いを願って。今回は年末年始の挨拶ギフトをご提案いたします。

  • ギフトコラム2017年11月号 クリスマスカウントダウンしよう

    ギフトコラム2017年11月号
    クリスマスカウントダウンしよう

    秋から冬へと季節は進み、クリスマスまでもう少し。日本では12月24日・25日がクリスマスのメインとされがちですが、今年は海外のように準備期間を楽しんでみてはどうでしょうか。今回はクリスマスまでのカウントダウンの楽しみ方をご紹介します。

  • ギフトコラム2017年10月号 旬の「りんご」でご挨拶

    ギフトコラム2017年10月号
    旬の「りんご」でご挨拶

    青森の秋の定番りんごギフト。ご挨拶を兼ねながら贈れば、地元のアピールにもつながりますね。栄養価なども知れば、もっともっと他県へ、お世話になった方へ贈りたくなりますよ。

  • ギフトコラム2017年9月号 家族に贈る秋ギフト

    ギフトコラム2017年9月号
    家族に贈る秋ギフト

    敬老の日や孫の日、七五三にいい夫婦の日と、秋は家族に関連した歳時や記念日が続きます。そこで今回は家族のコミュニケーションUPを目指したギフトをご提案いたします。

  • ギフトコラム 2017年8月号 みちのくギフトを見直そう

    ギフトコラム 2017年8月号
    みちのくギフトを見直そう

    いよいよ夏祭りシーズン到来!東北一円が盛り上がるこの機会に、地元東北の良いものを再発見してみませんか。お土産や贈り物にもおすすめのみちのくギフトをご紹介いたします。

  • ギフトコラム 2017年7月号 夏のティータイム

    ギフトコラム 2017年7月号
    夏のティータイム

    初夏から徐々に夏へ向かっていくこの季節は喉が渇き、水分摂取が欠かせません。 そこで提案するのは「夏のティータイム」。ちょっと役立つお茶の雑学も合わせてご紹介いたします。

  • ギフトコラム 2017年6月号 快眠を贈ろう

    ギフトコラム 2017年6月号
    快眠を贈ろう

    梅雨から徐々に夏へ向かっていく6月。高い湿度だと寝苦しくなり、不眠につながってしまうおそれがあります。本格的な暑さが来る前の夏の準備ギフトとして、選ぶポイントを押さえておきましょう。

  • ギフトコラム 2017年5月号 結婚のお祝い

    ギフトコラム 2017年5月号
    結婚のお祝い

    春先から5.6月にかけては結婚式にぴったりなシーズン。特に梅雨を避けた新緑の季節は人気が高まります。そこで今回は「結婚祝い」に注目。二人の人生の出発を祝う贈り物です。大切なポイントを押さえて品物を選んでみましょう。

  • ギフトコラム 2017年4月号 お返しギフト

    ギフトコラム 2017年4月号
    お返しギフト

    卒業、入学、就職と3月4月は新たなステージへと飛び立つ季節です。門出のお祝いを贈ったり貰ったりすることも多いのではないでしょうか。そこで気になるのは「返礼」。4月はそのお返しのギフトについて考えてみます。